平和な地球の歩き方

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平和な地球の歩き方

濵田直翔WEB 僕たちのワクワクが、平和をつくる。

【想いは届く】ぼくたちの想いは、誰かに届いていて、必ず実現するんだ!!って僕は全力で叫ぶ。

BLOG BLOG-平和な生き方
スポンサーリンク

人が抱いている感情や、想いは

眼には見えない波(祈り)になって世界を変え続けている。

 

そんな風に考えたことはありませんか?

 

「そんなことあるわけないよ」と思う方にとっては、タダの思い込み。

 信じる人にとっては、祈りはまるで“世界を彩っている魔法”。

きっと「そうそう!こういう事あるある!!」って共感してもらえる。

これは、世界が僕に贈ってくれた、とっておきの物語です。

 

・みんなの“祈り”が集まる場所

f:id:hamada_peacewalker:20151109205948j:plain

その時、ぼくはNew YorkのAlbanyの山奥にあるお寺にいた。

ここは、平和を祈り歩くために日本からアメリカへ渡った、安田行純(以下、純さん)さんという女性のお坊さんが誓願して建てたお寺。

 

純さんは、30年以上に渡って、世界中で、平和を祈り歩き、行動してきた人。

 

ここの仏舎利塔は、そんな純さんの姿に胸を打たれた“平和を願う人々”が世界中から集まって、何年もかけて完成させた平和のシンボル。

 

純さんの“人徳”に魅かれて、ここには「祈りと救い」を求める人が、毎日ひっきりなしにやってくる。そんな場所で、この物語は起きた。

 

・「雨を降らす祈りの曲を吹いて下さい」

f:id:hamada_peacewalker:20151109210300j:plain

“この笛に祈りを込めて、世界中で吹いてくれ”

ある男性がそう言って、授けてくれたネイティブアメリカンフルート。

僕には、そういう大切な旅の相棒がいる。

 

僕は、その笛を仏舎利塔の前で毎日吹いていて、その日もいつもの様に笛を吹こうとしていた。

そしたら純さん(お坊さん)が、こっちにとぼとぼ歩いてきて

 

「なおとくん(僕の名前)。最近、全然雨が降らなくて、土が乾いて困ります。その笛で地球に、雨を降らして~って。お祈りの曲を吹いて下さい」

という、ぶっとんだ曲のリクエストを頂いたわけです。

 

僕は今までの旅の中で

f:id:hamada_peacewalker:20151109210615j:plain

ぜんぜん雨が降らない内モンゴルの砂漠に、

“この土地に雨が降りますように”とみんなで祈の唄をうたって、植林をすると

 その直後に、“現地の人が信じられないくらいの雨”が降ったり。

 

f:id:hamada_peacewalker:20151109210835j:plain

ネイティブアメリカンの人たちと、平和への祈りのセレモ二ーでは、

“セレモニーをしている間だけ” めちゃくちゃデカイ虹が出たり。

(ネイティブアメリカンは、虹を地球からの祝福と受け取る)

 

まるで、地球が人の“想い”を聞いてくれているみたいな体験を何度かしていた。

 

最初は目の前で“奇跡”が起きている。としか思えなかったけれど、何度か体験している内に、それは“自然なこと”なんだと感じるようになっていたんだ。

だから、普通なら「何言ってんの?」って言いたくなるような曲のリクエストを貰っても、僕の心の声は、すぐに「できる」と知らせてくれていた。

・自分の魂からの想いを、自分らしいカタチで表現する

 

ぼくは、たくさんのセレモニーを体験していたけれど、正式なセレモニーの方法を学んできたわけじゃなかった。つまり、僕にあるのは、自分自身だけだった。

 

だから、僕は“僕なり”のセレモ二ーを開催した。

まず、ホワイトセージに火を灯し、その煙で自分自身と、祈りの笛を清める。

 

自分の背骨から伸びる軸が、下は大地へと繋がり、上は天空に繋がるイメージで瞑想。

そこから湧き出る、感謝を込めて、ヴィジョンに従って指を動かし、精一杯笛を吹いたんだ。

 

しばらく笛を吹いていると、晴天で真っ青だった空が、どんどん雲で埋め尽くされていった。

f:id:hamada_peacewalker:20151109210959j:plain

「ゴロゴロゴロー!!」

 

気が付けば仏舎利塔は雷太鼓と、僕の笛のセッションの舞台になっていた。

 

さらにセッションを続けていると、僕の背後から、生暖かい風が僕の背中を撫でるように吹いていった。

『きみの祈りは届いた。もう大丈夫だよ』

地球がそう言ってくれた気がして、そこでセッションは終了した。

 

 「はぁ。こんな自分でも、地球に想いを届けること出来るんだ」僕の心は、感謝で溢れて、今までに味わったことがないくらい幸せだった。

 

“大切なことはカタチではなく、自分の想いを信じること。

それさえできれば、あとは“自分らしいカタチ”で表現すればいいんだ。“

 

・祈りは“不安な気持ち”でさえも実現させる

 

 しばらく経つと、ぼくは「祈りは届いてなかったんじゃないか?」と、自分を疑い始めた。というのも、雲は出てきたけれど、雨は降っていなかったからだ。

 

僕の心は、不安にどんどん埋め尽くされていった。

「だめだ!やっぱり、こんなくらいじゃ祈りが届いていないんだ」

 

そう思って、僕はもう一度笛を手に取り、渾身の祈りを込めて笛を吹いた。

吹けども、吹けども、雨は降らなかった。そして、とうとう僕は疲れ果てて、部屋に戻って眠りについてしまった。

 

 そして、ドタドタドタ~!!という足音と共に、純さんの声で飛び起きることになった。

 

「なおとくん!大変ですよ!!雨が降りすぎて、川が氾濫してますよ!!!」

 

ぼくは寝ぼけながらも確信したんだ。

 

「祈りは、必ず届く!!」

 

あと、

 

「祈りすぎちゃった」って。

f:id:hamada_peacewalker:20151109211139j:plain

ぼくは、みんなに全力で叫びたい。

あなたの想いは、必ず誰かに届いている。

 

なにか、一つでも大切にしたい想いがあるなら

想いを信じて、あなたらしく表現してあげてください。

 

方法は、あなたらしいカタチなら何だっていい。

芸術、音楽、事業、文章、踊り、言葉、祈り。

 

この世界には、思いつくだけでも、数え切れないくらい方法があるけれど

あなたの想いは、この世界に、たった一つしかない。

 

だから、あなたの想いを信じて、表現してあげて下さい。

そうすれば、必ず想いは実を結ぶ。

 

ぼくは、一人一人が魂を輝かせることが、平和に繋がると信じています。

みんなで一緒に歩んで行こう。

 

そう教えてくれた、母なる地球。

私に繋がるすべてに、ありがとう!!!!!!

 

~心に響いたら、ぜひシェアをお願いします~